2011年 10月 21日
2011年台湾の旅(3) 2日目-2 新竹→北埔→台中



新竹のホテルをチェックアウトし、駅に荷物を預けてバスに乗る。
40分ほどで到着したのは竹東(チュートン)駅。
こじんまりとした静かな地方の駅だ。でもまだ途中。


f0099114_7411833.jpg




歩いている人も少なく、駅前でお姉さんに教えてもらってバスを乗り継ぎ、
15分ほどで北埔(ペイプー)に到着した。



f0099114_7412387.jpg


赤煉瓦の古い街並みが美しい情緒豊かな街、との触れ込みだった。
客家の人たちが暮らす土地はどんなところなのだろう。
ぺいぷーという音の響きもかわいらしいし、素朴で静かな街かな?

と、勝手に想像したものとは違い、賑やかで庶民的な観光地だった・・・。
人出もとても多くて、まるで下町浅草。



f0099114_7412988.jpg


街と中心である慈天宮にも、人がたくさんで、お線香の煙が立ち込める。
子供がはしゃぎまわり、お年寄りもお土産選びに熱心。




f0099114_742177.jpg


なるほど、家族みんなで楽しく遊びに来る街なのだね。
どこを見ても、人、人。
それならば、さわやかな酸梅湯(梅干ジュースみたいな飲み物)を買って、
飲みながらのんびり散歩しよう。




f0099114_7413380.jpg


店先で水蒸気を使って蒸留している。
蛙さんの迫力がすごい。
こんな感じの、おおっ!と目を引くような派手な土産物屋が続く。
お店の人の掛け声も盛んで、一大エンターテインメントの街そのもの。



f0099114_7413667.jpg


土産物屋をくまなく冷やかして、遅めの昼食に大人気の客家料理のお店へ。
豚肉や戻したスルメを炒めた客家小菜。
炒板條は、焼ききし麺ににている。
甘めの醤油を元にした感じの味付けて、懐かしく食べやすい味。



f0099114_7414226.jpg


賑やかなのもいいけど、裏道にも入ってみよう。




f0099114_7414617.jpg


すると、一気に人はいなくなる。
静かな道をゆっくり歩く。




f0099114_7415033.jpg


古い民家を使ったシックな茶館で、客家のお茶、擂茶(レイチャー)をいただきます。
擦った緑茶葉に、砂糖、胡麻、ポン菓子みたいなお米を加えて、
たくさん歩いた後だったので、氷を浮かべていただいた。
とろりとして、デザートのように満足感がある。




f0099114_7415577.jpg


そろそろ街歩きを終えて、来た道を戻ろう。



f0099114_742632.jpg


新竹駅から特急に一時間半ほど乗って、少し南の台中へ。
着いた頃にはとっぷりと日は暮れて、駅前のホテルに荷を下ろす。
いい眺めだね。
[PR]

by loquat_photo | 2011-10-21 00:00 | 2011年台湾の旅


<< 2011年台湾の旅(4) 3...      2011年台湾の旅(2) 2日... >>