<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 31日
spring sakura



f0099114_874772.jpg



三月が終わる。

これまでに感じたことのない、押し流されるように過ぎた時間だった。
もう一度、足元を見直して、しっかりと立っていたい。

今年の春のために咲いた桜を、この目で見つめて
彼らの命を受け止めたい。
とてもとてもきれいだよ。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-31 00:00 | plant
2011年 03月 29日
twinkle sakura



f0099114_882314.jpg




早咲きの花は可憐な姿を披露し終え、すでに散り始めていた。
残された赤いガクが輝く星のよう。

同じサクラでも咲く時期はそれぞれ。

私自身は多分遅咲き、と思っているけど、どうだろう・・・。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-29 00:00 | plant
2011年 03月 28日
Sakura sakura



f0099114_813544.jpg


開花宣言前日に見上げた桜。
まだひんやりとした空気の中、花びらが綻んだところだった。

私との何気ない散歩を、命の洗濯と言ってくれる。
その言葉の深さが分かるから、思わず泣きそうになる。

これから何度でも、最初の桜を見に行こう。
もっともっと話したいことがある。


---


枇杷茶房ごはん帳は美味しいタイごはん
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-28 00:00 | plant
2011年 03月 25日
candle




f0099114_7515274.jpg


停電の夜にはロウソクを灯してすごす。
このティーライトキャンドルは小さいけれど
テーブルの上で約3時間明かりを届けてくれた。

暗いのではなく、本当の闇の数時間。
様々なことが頭をよぎる。



f0099114_752361.jpg


自作の蓮花キャンドルホルダーに入れて使っている。
深く長い闇の時に広がる蓮池の光景は、いつもより幻想的なのだ。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-25 00:00 | diary
2011年 03月 24日
road to



f0099114_871541.jpg


22日から出勤しています。
職場の地区は、震災以来、上下水道が全く使えません。
特に被害が大きかったらしく、この状況があと数ヶ月は続くとのこと・・・。

トイレは仮設、節電のため暖房は使用せず、コートを着ての勤務。
寒がりな私にはちょっと辛い。
業務の多くが滞り、地方の事業所へ移動したりして再開を急いでいます。

余震のたびにあちこちの亀裂が広がり、道路の大部分は破壊されたまま。
東京駅から鉄道でたった10数分の地区です。

頭では理解していたことと、自分で体験することには、少なからずギャップがあるね。
皆で力を合わせて、しっかりとできることをしよう。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-24 00:00 | diary
2011年 03月 22日
ginga kogen beer



f0099114_7433838.jpg


自分にできることって、結局こんなこと、だけ?
やりきれなくて涙が出る・・・。

美味しいビールをご馳走していただいて、楽しいお話を聞かせていただいて。
本当に、ありがとう。


---

枇杷茶房ごはん帳は、鰻蒸しごはんと、高野豆腐の汁碗
温かいごはんが食べられるありがたさ。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-22 00:00 | diary
2011年 03月 20日
pink



f0099114_958953.jpg


嬉しい気持ちまで抑える必要はない。

スキップしながら、会いに行こう。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-20 00:00 | plant
2011年 03月 17日
sprouting



紅葉していたベランダのパクチーから、かわいい新芽が。


f0099114_10544845.jpg




ラベンダーは蕾が色づき、ふくらみ始めた。


f0099114_1055065.jpg



---

枇杷茶房ごはん帳はナポリタン・スパゲティ
ちょっと失敗。でも美味しい。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-17 00:00 | plant
2011年 03月 15日
pray for



f0099114_14105347.jpg


水筒に暖かいコーヒー、チェンマイで買ったお気に入りのドイトゥン・コーヒーのマグカップ、
携帯電話の充電池の予備、膝掛けと読みかけの本。
いまの日常のほぼすべての光景。

外には自由に出られるし、地下鉄も走っている。
けれど、大きな余震の恐れがある。
自宅は無事でしたが、職場の地区が大打撃を受けたため、
しばらく自宅待機の日々です。

ストーブのコンセントは抜いたまま。
撮影用のレフ板を窓に立てかけて防寒に。(ありがとう、レフ板!)

いま自分にできることは、しっかり節電、できるだけの募金、
身近な人たちとの会話、早寝早起、感謝の言葉で祈ること、
そして落ち着いて日常をすごすこと。

給料が振り込まれたようなので、再び募金します。(私はこちらから参加しました)


がんばっている人にこれ以上のがんばれの言葉はもう不要でしょう。
皆に笑顔が戻るよう、皆で力を合わせよう。


----

枇杷茶房ごはん帳はカオパット(タイ風焼き飯)。
精一杯の祈りのメッセージを添えて。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-15 14:00 | diary
2011年 03月 14日
rice cooker



f0099114_1025016.jpg


11日に起きた東日本大震災で被害に会われた方、そのご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を強くお祈りしています。

twitterでは無事との報告をしていましたが、blogを更新するのは震災後初めてです。

私は千葉県北西部にある職場で被災し、道路の大規模破損、液状化、ガス漏れなどの中
徒歩で3時間半かけて自宅に戻ることができました。
大きな余震が続き、恐ろしい一日でした。

自宅は落下物はあるものの、建物、インフラには損害はありませんでした。
家族、友人らも無事でした。

節電のため、暖房器具のコンセントは外しました。
ここは暖かい千葉県、もう三月、寒がりの私でも耐えられるはずです。

不安に駆られて簡易的な食料を買い貯めることはやめました。
それらは被災地の方たちにすべて届けてもらいたい。
普段食べているお米、パスタなどが、非常時にも役立ちます。
いままでより少しだけ気にして多めに保存しておくことにします。

地震で炊飯器が落下して蓋がうまく閉まらなくなりましたが、まだ使えそう。
お皿で重石をして、地震後初めてごはんを炊いています。

ごはんを食べて、元気を出そう。
皆で力を合わせよう。


---

枇杷茶房ごはん帳は、ベトナム春巻き
話をしながら巻いて、大切にいただきました。
[PR]

by loquat_photo | 2011-03-14 00:00 | diary