<   2009年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 30日
KEY


散歩の途中で偶然出会った革小物屋さん。

f0099114_88080.jpg


RURU3+7(ルルサンタナ)というブランド名で活動されているそう。
まだ真新しい明るい色のキーケースを購入させていただいた。

時が経って風合いがより滑らかに変わっていっても
お優しいお話とともに手渡していただいたいまの手触りも忘れずにいよう。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-30 00:01 | 散歩
2009年 11月 30日
『Smiles, Mile after Mile』

「Smiles, Mile after Mile −笑顔で世界をリンクする。世界の『顔』写真展」を観てきました。


f0099114_865016.jpg


鈴木博子さんと矢田和彰さんの写真展です。
たくさんの世界の笑顔に惹きつけられどおしで、気づくとそのSmilesを分けてもらっていました。
素敵な写真を見せてくださって、ありがとうございました。

本日11/30(月)までcafe NOMAD(東京・根津)にて開催しています。


f0099114_87197.jpg


会場がカフェなので食事とお茶をいただきました。
ホットサンドはチキンとトマトのタルタル、ハムとグリュイエルチーズ、の2種類。
丁寧に具材が組み合わされていて味わい深く、付け合せのサラダも美味。
コーヒーはきりりとしたグアテマラ。

また必ず旅に出よう。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-30 00:00 | 散歩
2009年 11月 27日
椎茸×Thai


再び、採りたての椎茸をいただいたので(ありがとう!)、タイ料理にしていただこう。
今回の椎茸は小ぶりでとてもかわいい。

豚肉と海老を叩いて、グリーンカレーペーストを少々とパクチーのみじん切りを混ぜ
椎茸の傘にこんもり乗せて蒸しあげた焼売。

f0099114_88361.jpg



薄切りにしてナンプラーで炒りつけ旨みを凝縮して、
たっぷりの針生姜といっしょに香り高い秋の炊き込みごはん。

f0099114_885630.jpg



家にあったマッシュルームで食感を増やして、タマネギと鶏胸肉も加え
ココナッツミルクたっぷりのクリーミーなレッドカレー。

f0099114_891886.jpg


椎茸とタイ料理の相性も素敵で、本当に美味しかった。
いつもどうもありがとう。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-27 00:02 | food
2009年 11月 27日
チェディ


明るく色づいたいちょうの木の下に立つと、不思議と落ち着いた気持ちになる。
なぜだろう。

f0099114_8104375.jpg



そうか、チェンマイの黄金のチェディに似ているんだ。

f0099114_811437.jpg


旅の記憶がしっかり心に根を生やしたことに気がつき、胸が熱くなる。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-27 00:00 | plant
2009年 11月 26日
神宮外苑いちょう祭り


高く広がる秋空の下で。

f0099114_852442.jpg



遠くに絵画館を眺めながら、オム焼きそばと富士桜高原麦酒の限定ヴァイツェン。
ここのビールがおいしいことはよく知っている

f0099114_854210.jpg



カラメルモルトがブレンドされた林檎のような甘くて華やかな味。
さすがに美味。

f0099114_861229.jpg



お腹が落ち着いたら、黄金色の銀杏並木を見に行こう。

f0099114_863746.jpg

[PR]

by loquat_photo | 2009-11-26 00:00 | food
2009年 11月 25日
『THIS IS IT』


『THIS IS IT』を観てきました。

f0099114_851893.jpg


クリエーターと名乗る以上、創作への真摯な熱意があるのは自然だと思うから
彼のその強さと深さ、謙虚な姿勢は改めて驚くことではなかった。
あれほどの表現をなし得る人物にはそれは無意識の必然なのだろう。

胸を打ったのはきっと、いま世の中に溢れかえっている曖昧な照れ隠し、
勘違いの自己愛、そして人としての浅さが、少しも画面に存在しないこと。
だからメッセージが明確に伝わる。
飛び抜けたテクニックとセンスを築きあげた彼だけど、していたことは決して超人的なことではない。
相手の目を見つめる、にっこり微笑む、心のこもったI love you を口にする。
当たり前のことが当たり前ではなく感じられたことがショックでもあった。

映画の中は彼が生きていた最後の時代、
これから私たちがすごすのは彼がいない時代。
未だに信じられなかったその事実を、改めてくっきりと認識させられる時間だった。

R.I.P. 
どうぞ安らかに。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-25 00:04 | 散歩
2009年 11月 25日
『現代工芸への視点―装飾の力』


東京国立近代美術館 工芸館で開催中の『現代工芸への視点―装飾の力』を観てきました。

f0099114_862431.jpg


古代から現代までの日本人の美としての装飾がテーマに挙げられています。
侘び寂びに代表される極限にシンプルな美こそ日本の美、と考えられがちですが、
重厚で豪奢な装飾の美は時代や階層を問わず確実に存在し続けた。
装飾とひと言にまとめられる中に、多種多様な認識と表現があることに気づかされます。

そして身の周りをとても簡素にまとめている自分と、装飾というものの距離感とは。
例えば写真のモチーフに選ぶ色の鮮やかさ、賑やかなアジアの国への憧れ、
混沌としたライフスタイルとは、どんな関係があるのだろう。

2010年1月31日まで開催しています。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-25 00:00 | 散歩
2009年 11月 24日
ginkgo


まっすぐに伸びる黄金色のいちょう並木を歩きながら
まっすぐに生きるその逞しい背中にエールを送る。


f0099114_8114425.jpg

[PR]

by loquat_photo | 2009-11-24 00:00 | plant
2009年 11月 23日
タイごはん会


それでは、どうぞ召し上がれ。乾杯!

f0099114_8102819.jpg


作りながらつまみ食いしていた私の、控えめな盛り付けのお皿。
その後もいろいろ作ったのに、タイの写真のスライドショーや
楽しい話に気を取られて全然撮っていなかった・・・。

ソムタム風サラダ、ポピア(海老春巻)、トート・マンプラー(タラのすり身揚げ)、
ガイヤーン(ローストチキン)、トムヤムクン(海老の辛いスープ)、
ゲーン・キョワーン(茄子と鶏のグリーンカレー)、ガパオ・ガイ(鶏のバジル炒め)、
パッタイ(焼き米麺)、バニラアイスのバナナのココナッツミルクソテー添え。
忘れないようにメモをしておこう。

買ってきたお皿が、役立ってくれています

ゆっくり味わってくれて、本当にどうもありがとう。
華麗なクリエーターたちを前に、適当な料理の腕前を披露する度胸だけが
自分の取り得だと痛感した。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-23 00:00 | food
2009年 11月 22日
トート・マンプラー


テーブルで弾む会話をBGMにしてトート・マンプラーを揚げる。
カフィアのさわやかな香りが一気に立ち上がる。

f0099114_849556.jpg


揚げたてふわふわの最高のところをひとつ味見して、笑顔のテーブルへ届ける。

調理して、話をして、食べて、飲んで、撮る。
家ごはん会の私はいつになく落ち着きがない。
[PR]

by loquat_photo | 2009-11-22 00:00 | food